勉強を自らすすんでやる子供に!子育ての秘訣

秘訣というお題にしてしまいましたが、子供ができたら是非取り組んでいただきたいことを綴ってみました。

0歳(お腹の中にいるとき)~

  • モーツアルトを聞かせてあげる。

2歳~3歳の頃

  • 絵本をたくさん読んであげる。
  • 積み木あそびは必須。(積み木は木製が良い)

3歳~6歳の頃

  • ゲームを買い与えない。
  • 本ならなんでも買ってあげる。
  • 家族で積極的に自然を楽しむ(森林浴、アウトドア)

たったこれだけの取組みで、感性豊かで勉強の好きな子供に自然と育っていきます。小学校に入学してからも、ゲームを買い与えないというのは重要です。「ほしかったらお年玉等をためて自分で買いなさい」ときっぱり言いましょう。本ならマンガでもなんでも買ってあげましょう。

塾とか習い事は、本人が希望する場合はできるだけかなえてあげましょう。親の願望で無理にやらせないことです。いろいろ体験させて、本人が「やりたい」「学びたい」というものを続けさせてあげましょう。

おいしい野菜の見分け方

大根の甘い辛いはひげ(根)の並びを見てえらぶ!
大根を見ると、ひげがはえたくぼみがありますよね。このくぼみの並びが葉の方から根っこのほうへある程度まっすぐに並んでいるものは甘く、斜めに並んでいるものは辛い。

筍(たけのこ)は皮の先端の色を見てえらぶ!
皮の先端の色が緑色のものより黄色のものの方がえぐみが少ない。

南瓜(かぼちゃ)は皮の表面にある黄色い部分の色合いを見てえらぶ!
表面の黄色い部分の色合い=中の色合いですので、黄色よりオレンジ色のほうが熟れています

日本テレビの「波爛爆笑」に出演してた山瀬まみさんが今回の先生ですが、彼女がどこで知ったかというとNHKの「○○○○がってん」のようです・・・ゼスチャーでわかりました。

料理の腕前もなかなかのようで、感心したのは野菜も皮まで使って無駄にしていないことでした。あっぱれ!

アイドルだった彼女が、いつのまにかスーパー主婦?カリスマ主婦?になっていた。

RSS for Posts RSS for Comments